カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

淡水パールとは

淡水パールは、ヒレイケチョウガイという淡水貝を母貝として作られる真珠です。

アコヤ真珠との1番の違いは、「核」をいれてつくるかどうかということです。淡水パールは核を入れずに養殖される為、

ほぼ100%真珠層でできた真珠です。

 左:アコヤ断面図 右:淡水断面図

左のアコヤ真珠は、周りの薄く白い部分が真珠層で、真ん中の白い部分は核になります。

右の淡水パールは、ほぼ100%真珠層で、縞のように見えるのは貝輪と呼ばれるものです。

あこや真珠が6mm珠なら6mm珠用の、8mm珠なら8mm用の核を入れるのに対し、淡水パールは無核ですので、その大きさになるまで湖の中で大切に育てられます。8mmの淡水パールを作るのには約7〜8年かかるといわれています。

最近では、核を入れて様々な形に作られたファンシーパールといわれるものもあります。◇、☆、ハートなどがあります。又、12mm以上の大珠の中には核を入れて大珠にしたものもありますが、核の素材にワシントン条約に抵触するシャコガイを使ったものがあるようですので、注意が必要です。

ページトップへ